2010年02月20日

毎年恒例の〜

禁煙祭りでございます。
5日目でございますぅ。
なんと体が軽いことか。

振り返ってみると、どうも毎年やってるみたいなんですね。
年明けから、春にかけて。

2008年は忘れたけども、
2006、2007、2009年はやってましたね。覚えている限り。
だいたい1ヶ月から3ヶ月やってますね。
禁煙はね、難しくないんですよ。

問題はこの状態で書けるかどうか。
漫画みたいな話で恐縮ですが、書けないんです、煙草がないと。
でも吸ってない方が、頭がよく回るんです。
煙草吸うと頭がぼやーってなんのよね。でもすっきりするけど。

ニコチンの禁断症状は3日目がピークです。
乗り切りました。
この後は2週間断続的な禁断症状と闘います。
あ、なんかぼーっとする、気がする。

意味なく煙草を吸いたい。そんな気がする。
そしてそんな夢を見る。たぶん。

禁煙中に書けるのか! さあ、挑戦は始まったばかりだ!
負けても、気にしない!(笑)
posted by 広瀬格 at 17:04| 普段思ったこと

2010年02月12日

暖房について振り返ってみた。

2月もなかばになりました。

なんにもやってないようで、
じつはやっているようで、
あんがいやってないような2週間が過ぎました。

積雪もありました。
節分もありました。
他になんかありました?

最も寒い季節になりました。
ほんとうに、いや。
パソコンに向かう生活をしていると、
夜型人間になります。
そんで、午前1時をまわる頃からぞわっと寒くなる。
お部屋が寒いのですよ。
家が古く、部屋が無駄に広いからとても寒い。
そして寒いのが苦手なのです。
冬だけは、沖縄に移住したい。
そうできるようになるのが夢ですよ。……まじですよ?
物書きになれば、そして売れれば夢が叶うんじゃないかしら。
頑張りたいと思います。
思うだけなら疲れないので、真剣に思います「頑張りたい」。
ダメ人間だ。
ダメ人間だと認めてしまうと、楽だ。
まてまて。

ここで寒さとの戦いの記録を振り返りたいと思います。
根本的に解決するには、そう「移住」か、「家の建て替え」
ないしは「引っ越し」があります。
変化球としては「ロボトミー手術で寒さを感じなくする」
というのもある。
いずれも不可能だ。理由はわかってください。

なので現実的に様々な暖房機器を試すことになり、
そしてそのすべてに文句をつけることになるわけです。
まず最初に登場した暖房が、電気ストーブ。
そう、あれです。あの懐かしい奴。
古いものだしあまりに電気を食いそうなので活用できず。
子供の頃だったので、何かを焦がしてみたりしましたねえ。
っていうか、あれ当たってるとこしか暖かくなんない!
そして、彗星のごとく現れて長期間活躍したのが、
石油ファンヒーター。これを最大火力で活用してました。
受験の頃とかだったかなぁ。この部屋、最大火力じゃないとダメなんです。
これは暖かくなった。だが空気が薄くなった。
そして部屋がからからに乾燥した。肌がかさかさになるという体験を初めてしたのがこの頃です。懐かしいですねえ。
そのあとがんばりを見せたのがある意味最強の暖房。コタツ。
机としても使える。なんだこれは。パーフェクトじゃないか。
机としては便利だったのですが、あまりにも快適すぎて……。
この頃は台本も書かずによく寝ていた気がする。
ああ。いくらでも寝れるぞ。すごい。麻薬のようだ。

今ではすっかり更生して、コタツやめられました。
我が家には一台もコタツはありません。
現在。電気代が怖いが、唯一の暖房となっているのがエアコンです。
夏はとてもありがたいが、冬はそうでもないな。
でも、エアコンはすごい。12畳用なので10万以上したが。

ちょっとぐらい寒くても我慢しないといけないな。
過去を振り返って、ほんの少し前向きな気持ちになりました。

おわり。
posted by 広瀬格 at 00:45| 普段思ったこと