2011年07月19日

ブラインド・タッチの思い出。

小学生の頃、
盲学校の子供たちとふれあうレクリエーションに参加しました。
ボランティア、とかいうんじゃないけど。

なんで、ってワタシは悪ガキだったので、
何かのトラブルの罰だったかと思います。

んで、出かけていって、
弱視の子とか、全盲の子とかとバレーボールで遊んだりしました。
こちらはアイマスクをしてまったく見えない状態に。

見えないともう何がなんだかわからなくなった記憶があります。

20年以上前のことでしょうか。
そんなこともありました。
posted by 広瀬格 at 05:16| 普段思ったこと