2007年06月15日

ブランク

070613_1844~0001.jpg

相当空白の時間が挟まってしまいました。
なんとその間に一本舞台が終わってしまいました。

なんたること!

とうとう29歳になってしまいました。

なんたること!


良くも悪くも大変思い入れの深い公演になりましたが、そんな思いなどはワタシ個人の胸の中にしまっておきます。

次回もまた楽しいお話になりそうです。
わくわくしております。


もうすぐ夏がやってきます。

年々夏が好きになる。どうしてなのやら。

夜とか朝の、家をでた時のあの空気のにおいがなんとも「好き」です。
posted by 広瀬格 at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | あーかいぶ

2007年01月13日

けいたいでんわとワタシ

sora070113.jpg

どうもみなさまおひさしぶり。
ちょっとのんびりしちゃったけど
これからぶりぶり頑張っていきますよ。

あー頑張るって便利なことばですね。本当に。


携帯電話を新しくしました。

覚えてますか?

去年駅のホームから飛び出して行った
あの元気なヤツです。

某ダフォンでした。

この秋ソフトバンク化しました。んむー。
いやね、別に嫌いじゃないんですけどね。

悩みました。
なんばーぽーたびりてぃしてしまおうか…?

自宅でね入らないんですよね、電波が。

なのに7年間も使い続けたワタシ。
その我慢、他のことに使えば良かったのに…。


というわけで変えました、携帯電話。
だってソフトバンクよくわかんないんだもん。

「ごめんね、嫌いじゃないんだけどさ」

…あ、ヤな奴だな。



そんなこんなでauにしてみました。
派手な色にしたかったので、真っ赤になりました。

赤ね、うちの犬が好きだったんですよ。
そんな理由です。

犬は色彩感覚ないはずなんだけど…へんな犬。



誤算だったのは、
auの方が手で持ってると痛いってこと。

電磁波に弱いのは相変わらずのようです。


最近気づいたのですが、
パソコンの電気がついてるかとか、
テレビがついてるかとかも肌でわかります。

そのくらいみんなわかるのか?
posted by 広瀬格 at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | あーかいぶ

2006年12月07日

開始線

sora06-12-07.jpg

お久しぶりです。
ちょっと自己再生の旅に出ておりました。

ただいま。


大変私事ですが、ちょいと自分が気に入らなかったのです。
ここらで自分のやってることを振り返っておこうかと。

とはいえやったことと云えば、普段通りに生活することですけど。

あと、やりたくないことはやらない。ということ。

頑なにやりませんでした。

迷惑をかけた方(主に身内ですけど)ごめんなさい。


高校生向けの原稿を頼まれたことがあって、
ふざけた文章を寄稿したことがあるのです。
受験生向けの冊子なのに、「遊べ」とか書きました…ごめんなさい。
いや、まじめな学校なんですよ。

その中に、「好きなものがわかるようになってください」とか書きました。

自分で書いたことですけど、これって重要ですよね。
ワタシは未だにわからないですね、ぶっちゃけ。

誤解がないように説明すると、
コミュニケーションによって感覚は濁るってことなんです。

舞台を作ったりして、色々な人たちに観てもらって、
関わってくれた人たちも色々意見を言ってくれたりして…。

その中でいいものは受け入れていきますが、
受け入れれば受け入れるほど、自分の輪郭はぼやけていきます。

もちろん、集団で作るからこそ面白い。
だから苦労してまで演劇をやっているんです。

でも、矛盾する問題を必ず抱えるんですね。
みんなで作るからこそ、個人の感覚がシャープじゃないといけない。
進路がおかしくなる前に修正しなくてはいけない。

だからこうして立ち位置をはっきりさせるわけです。


高校生や大学生だけじゃないです。
いい歳した大人の人にこそ必要なんじゃないですか?

あなたは何者ですか?

何が好きですか?
何がしたいですか?
それはなぜですか?

もちろん答えが出るものじゃないけど。

とりあえず今の自分は納得しました。
さて、面白いものを作ろう。
posted by 広瀬格 at 04:49| Comment(0) | TrackBack(0) | あーかいぶ

2006年10月17日

群れてますよ?

sora06-10-17.jpg

えっと、なんかそんな木があるんです。
夕方になると群れるんです。
薄暗い中もの凄い雰囲気なんです。
そらもうえらいことになってます。
とにかく集まってるんですよ。

…スズメが。

ちゅんちゅんちゅんちゅんちゅんちゅんちゅん
ちゅんちゅんちゅんちゅんちゅんちゅんちゅん
ちゅんちゅんちゅんちゅんちゅんちゅんちゅん

…何事なんですか?

鳥さんや。
その木には何かあるのかい?

ぱたたたた。

…増えたよ。
今なお増加中だよ。小鳥。

ちゅんちゅんちゅんちゅんちゅんちゅんちゅん
ちゅんちゅんちゅんちゅんちゅんちゅんちゅん
ちゅんちゅんちゅんちゅんちゅんちゅんちゅん

ペットショップかここは?
小鳥のコーナーか?

別にうるさくはないけどさ。
不気味だよ。
ちょっとこわいよ。

最近スズメって減ったなーとか思ってたけど、いるよ。
いっぱいいるよ。

どうせ繁殖期か何かなんでしょうけど。
夕暮れの薄闇の中、小鳥でうるさい木が一本ですよ。

面白かったです。
posted by 広瀬格 at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | あーかいぶ

2006年10月12日

振り返ってみると僕は…

sora06-10-12.jpg

感覚でものを考える人だ。
というか潜在的に並列処理をしていて、
裏ではいろいろ考えているのか。

私生活では悩むことが多い。
悩む…というよりは考えることを放棄する。
それが正解か。
ちょっと放棄しすぎな時もある。
ここ1、2年そういうのなくなったけども。

何かを作っている時、
悩むことがあまりない。
変な話、答えが先にあったりする。
どうしてだかわからないけど、
答えだけすべて用意されていたりする。
理由は必要になったときに用意する。
でも、ちゃんと筋が通っている。
段取りとか切ってても、
一瞬で全ての必要な動きが見えたりする。
演出ってそういうものらしい。

ここのところ、何か妙な違和感を抱えている。

しっくりこない感じ。

何を自分は忘れているんだろうか。
きっと何かを見落としている気がする。

こういう時の自分の感覚はいつも正しい。

ちょっと考えてみよう。
こういう時絶対逃げなかったから、今の自分がある。
世間的には駄目な人間だけど、後悔はない。
他人の言葉に流されることもなかった。
流されてしまった方がまともだったという説もあるが。

何もかもから自由になりたい。
社会的なものだけじゃなく。
体のだるさとか、眠さとか、思考のだるい感じとかからも。
感覚だけ残ればいい。
そう思う。

こんな時、
いつも高校時代を思い出す。

振り返ってみると、
あのころに自分の感性はできあがったのだろう。

世界が鮮やかに見えていた感覚を、
もう一度取り戻さないといけない。

今自分は岐路に立っている。
そんな気がする。
posted by 広瀬格 at 08:52| Comment(0) | TrackBack(0) | あーかいぶ

2006年10月09日

ね、眠れねえ。

sora06-10-08.jpg

いいえ、別に不眠症とかではないんですよ。
例の如く、眠くなる時間が一日2時間ずつくらいずれてるんです。
眠りたいんですけど。
眠くなりたいんですけど。

駄目だ。

ここ数ヶ月、睡眠時間が減りました。
普通になった。
あれ?…いいことじゃないか。

いや、問題はそこじゃねえっす。
今眠くないって事なんですってば。

あ…ちょっと眠くなってきた。

書きかけなのにですか?
どこまでも身勝手な奴だ。
このっ。睡魔め!

でもね、
意外とやらなくちゃいけないことと、
やりたいことがいっぱいあるんです。

台本書く準備進めようよ、自分。

あ…眠くなってきた。

便利な機能だなぁ、と思う。
やりたいことはこうして中途半端になるのです。
posted by 広瀬格 at 04:30| Comment(0) | TrackBack(0) | あーかいぶ

2006年10月07日

遊びのつもりが…

sora06-10-07.jpg

なんて言うと色気のある話みたいですけど、
そんなものこれっぽっちもありませんよ。

…ありませんよ!

ちょっと逆ギレしてみました。
そんな年頃です。
馬鹿馬鹿しい。

ひょんなことから明日一日だけ、
ちょっとだけ役者をやることになったのです。

周りの無責任な大人たちは、
いや、責任ある人たちも、
「適当にやっちゃえばいいんだよ」
と、言いますが、
そんなことできません。無理。

しかも、ちょっと、ほんのちょっとの出番なのに、
台詞も段取りも憶えられないのです。

恐怖です。

改めて、役者さんってすごいんだなって思いました。
きっと、明日もそう思うことでしょう。
posted by 広瀬格 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | あーかいぶ

2006年10月06日

ライヴに行くのだ!

sora06-10-06.jpg

というか、行ってきたのですけども。
いや〜休暇万歳!って感じでした。
楽しかったのです。

写真は雨の横浜BLITZ前です。
めちゃめちゃ寒かったですよ。

なんつーか、ここに辿り着くまでが大変だった。
まず昼過ぎに目覚める。これはいつものこと。
でもちょっと寝過ぎた。
急いで支度をするわけですよ。

まだ間に合う。遅刻じゃない。

そんで家を飛び出してバス停へ…。
しかし、バスに乗れず。
つーかバス来ない。待ってても全然来ない!
なんかこのパターン多いな。
とにかく駅まで歩くことにしました。

まだ間に合う!ぎりぎり遅刻じゃない!

頑張って歩いていると突風が。
ひいー。と思いながら急ぐ。
とりあえず昨日から煙草が切れていたので自販機で買う。
ちょっと嫌な予感。
千円札を風に苦戦しながら投入した時、背後で、
ごーっ…と。
バスが通り過ぎていきました。
がっくり。
どうせ傘差してたら吸えないし、駅で買えば良かった…。

でもいいの。多分間に合うから!きっと遅刻じゃないから!

さらに頑張って歩いていると突風が。
傘の骨が一本折れてしまったよ。
折れた骨が顔に当たってうざいよ。
…まぁいい。とにかく駅までもってくれ。
と、徒歩ろうとした時、また突風が!
ワタシの傘がクラゲみたいになってしまいました。
泣きながら傘を畳んで駅まで歩きました。

間に合えばいいな。きっと遅刻じゃないさ。

駅に着くと、
東海道線は強風のため徐行運転してて、
結局間に合わなかった。

ごめんなさい。

どうせならライブが終わってから傘を買ったほうがいい。
そう思って買わなかったら、入場まで雨ざらし。
びしょぬれ。ま、脱ぐからいいんだけど。

…そんな感じでした。
肝心の内容に関して触れてないのはいつものことよ。
許してやってください。

寒かったけど、
心の底から楽しい一日でした。
posted by 広瀬格 at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | あーかいぶ

2006年10月05日

思ったよりも…

sora06-09-19.jpg

どうやら疲れていたらしいのです。
まったく自覚はなかったが。

さー、日常生活復活だ!
と、バイトに出掛けたのですが、つらいのなんの。

夕方には勤務中に居眠りこいてました。
…最悪だ。

そんでもってパソコンのトラブルに、
雑然とした部屋。

言い訳しますけど、部屋はそこまで汚くないです。
本も本棚に戻したし。

ただ、公演で使った紙類がいたるところに積み重なってて…。
台本書くのにこんなに紙使ったんだなぁ〜とか、
無駄に感心しちゃうけども。

邪魔!

ワタシも大人になったので、
アイディアを殴り書きしたコピー用紙とか、
修正前の台本とか、
今後見ないものは捨てることにします。
思い出とかいりません!
いらないのっ!

ばさばさばさ…。

ゴミ袋が一つ一杯になりました。
森の神様ごめんなさい。

今日バイト先で鞄を開けたら、
中に台本が入ってた。

今さら台本もって何するつもりなんだ。

ちなみに2日働いて、明日からの週末は休暇的。
色々と出掛ける予定なのです。


そんなことより体力を取り戻さないとまずそうだ。
文章もなんだか汚い。
早く調子を取り戻さないと!
posted by 広瀬格 at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | あーかいぶ

2006年10月03日

本日は魚の日

sora06-10-03.jpg

携帯電話を部屋の隅に放りだしてごろごろした月曜日。
相変わらず放り出したままです。
ワタシは2日間、いないのです。
水曜日からは働くのですから。
携帯にメールをくれているであろう皆様ごめんなさい。
まとめて返事します。

そんでもって火曜日。
水族館へ行きました。
行きたかったのです。
出不精なのでたまにしか行きませんけどね。

新江ノ島水族館へ。
水槽の前でぼけーっとしてきました。
魚の写真を撮りました。
ここんところ頭が回らないので、
何も考えず、頭も使わずぼけーっと。

あと水槽を眺めている人たちを眺めてました。
幸せそうな人たち。

ちゃんと生きないといけないなぁ。
漠然とそんなことを考えてみた。

実は休日といえどやることがいっぱいある。
本が段ボールに入ったまま山積みになってるし。
本棚に戻さねば!…めんどくさい。
でも、読んでない物も混ざっているので、
さっさとやっておこう。

もう本を使うお芝居なんかしない。
絶対しない。
だって…本が…。

とにかく魚を観た一日だった。
これから魚が美味い季節になりますな。
食べます!
posted by 広瀬格 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | あーかいぶ

2006年10月02日

「深夜読本」…だった日々

sora06-09-30.jpg

smokersの2回目の公演「深夜読本」が終了しました。
また結構な数のお客様に来ていただきました。
多くの方に喜んでいただいたみたいで、
とても幸福な公演だったと思います。
本当にありがとうございました。

この2週間のことは、
ぶっちゃけあんまり記憶にございません。
神様と電話したら、
「君は夢を見ていたんだよ」
と言われるかもしれません。
それも楽しそうでちょっといいかもしれない。

変な話で、
嬉しいことがあると、同時にちょっぴり悲しくなるんです。
ごめんなさい…みたいな。
ワタシは大物にはなれないな。

今回の公演もちょっと他人事みたいでした。
みんなすごいな。とか思ってました。
台本書いた人がいるなんてことを、忘れてました。
公演が始まったら完全に忘れましたね。
なのでちょっと感動が薄いのかもしれませんが、
頑張ったのは役者たちです。
これでいいんです。
そういうことにしといてください。

観客になりきって公演を観ることが、
ワタシの最高の幸せみたいです。
自分が観たい物を作ってるんだから、いいのです。

初日前まではまだ作者だったので、
へこんだり、喜んだりしてました。
すいません、
こんなワタシの作った物を一生懸命やっていただいて、
すいません。
そんな感じでした。
もちろんそんなことは心の中だけで思ってた訳ですが。

公演が始まるまでは、
お客様が喜ぶとは思っていないので、そうなるのです。
イライラしたりするのです。

仕込みの日に、
サウンドチェックだかなんだかで、
大音響で劇中使用した曲が流れてて、
客席の隅でぼんやりとしていたワタシは、
ちょっと感動してしまいました。
いい曲だなぁ。と。
目の前で働いている人たちを眺めながら、
そんな感じで座っていると、
ちょっと申し訳なくなりました。
ワタシごときの作った物にそんなに一生懸命やらなくても。
…そんなですよ。
一番泣きそうになったのはこの瞬間でした。
ちょっと音響さん、この曲このボリュームでかけてよ!
と、言いそうになりましたが、
却下されるだろうし、
本当にそうなっても、台詞が全く聞こえなくなるので、
我慢しました。
というか仕事中のスタッフの方には話しかけられません。
曲も途中までしか聴けませんでした。

出演者のみなさま本当にごくろうさまでした。
みんな最高だったよ。
稽古は大変だったけど、よかった。
本当によかった。
また一緒にやろうね。

長くなりましたが、
こんな2ヶ月間の「よく憶えてない日々」は、
長かったようであっという間でした。
もうすっかり思い出です。

脚本書きにはもう次の公演が始まっているのです。
また長い日々が始まるわけです。

これからあいかわらずののほほんとしたブログを再開します。
空の写真を撮るのです。
それじゃ!
posted by 広瀬格 at 06:11| Comment(0) | TrackBack(0) | あーかいぶ

2006年09月18日

満腹と集中力

sora06-09-17.jpg

ちょっと痩せた。
なぜかというならばそれは、稽古場でご飯を食べないから。
胃痛が…とかそういうのじゃないのです。
腸は弱いが胃は丈夫っぽいので、全然平気。
ストレスで胃が痛くなる人とかいるけど、
そういうのはない。ほとんど。
一昨年一度だけ「胃痛」というモノを経験したけれど、
もういい。もう充分。結構でございます。
あれって、地獄ですよね。

んで、なんでご飯を食べないかっていうと、
疲れてる時に食べると眠くなっちゃうから。
役者さんはいいの。眠くなっちゃっても動くから。
ワタシは座ってるだけなので、眠くなると致命的。
睡魔との戦いはしんどいから、食べないってわけです。

いつもだと空腹で逆に大変なことになるんだろうけど、
一応、お芝居やってるとちゃんと集中するみたいで、
空腹は感じないみたいです。

たまにおなかは鳴るけども。

一昨年ぐらいはまだ、そんなこと気にしないで平気だったかな。
これは年齢なんでしょうか、疲労の蓄積なんでしょうか、
答えは闇の中ですな。
いえ、知りたくないだけなんですけどね。

もちろん、おウチに帰ってからご飯は食べます。
なんか不健康な感じだけど、
意外に健康な感じで気に入ってます。

どうせ今週だけの習慣でしょうけど。
どのくらい体重減るものなんだろう、と
目下の興味はそこにあったりします。

別に期待はしてないけどさ。
posted by 広瀬格 at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | あーかいぶ

2006年09月17日

佳境にさしかかる。

sora06-09-16.jpg

今回はお芝居の話。
いよいよ稽古もあと1週間とちょっと。
日に日に仕上がっていきます。
まさしく佳境にさしかかっています。

本日まさに一つの壁を突破したところです。
一通り仕上がった。
これからどれだけ面白くできるか!
楽しい1週間になりそうです。

ワタシのお芝居はある程度仕上がると、
ワタシの手を離れます。
もちろんその後は役者さんのもとへと渡るのです。

「舞台は役者の物」

とはよく言いますが、まったくその通りだと思うのです。
うまくいった舞台はたいてい幸せそうに見守ることになります。
いい芝居してるなぁ。
お客さん喜んでるなぁ。
と、そんな感じです。

我が子を見守る親の心境です。

うれしいけれど、ちょっとさみしい。
そんな幸せ。

今回は過去最高の仕上がりを見せているので、
そんな幸せが訪れてくれそうです。
posted by 広瀬格 at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | あーかいぶ

2006年09月07日

魔物がいる電車

sora06-09-07.jpg

魔物じゃー。魔物が出たんじゃー。
これは稽古から帰る湘南新宿ラインでのお話です。
いつも池袋から戸塚まで、小一時間の小旅行をするのです。
旅のお供には相鉄線沿線に在住の遊佐君です。

池袋で電車に乗り、席を確保します。
池袋からだとちゃんと座れるのですね。
素晴らしいです。湘南新宿ライン。
この電車がなかった頃、
都内の稽古場に通っていた苦労は思い出したくないくらいです。
グッバイ品川駅。
あ、でもエキュートには行っておきたい。まだ行ってない。

で、二人並んで席に座って落ち着いて。
ふっと前を見たら…いたのです魔物が!

なんだか知らないのだけど、赤茶色の…犬?
もう、ぬいぐるみにしか見えない物体が、
飼い主の横に普通に座ってるのです。
おとなしく、行儀よく。
隣で飼い主リードを持って爆睡。

しかしこれがやばいんですのよ。この犬。
めちゃめちゃかわいいんですよ。
ワタシ本来は毛がくるくるした犬はそんなに好きじゃないんですけども、
この度考えを改めることにしました。
かわいいものはかわいいのですね。
あ、ちなみにチワワも好きじゃないです。
そんな家にミニチュアダックスがいる男二人が、
そろって打ちのめされていました。

出来心で子供を誘拐する人ってこんなかんじなのかしら?
この子、お高いんでしょうねえ。

この犬がまた、暇なのかワタシの向かいの席で、
かわいらしいと思われる動作を一通りやってみせるのですよ。
そんな風にプログラミングされてるんですか?ねえ?
足をぺろぺろしたり
耳の後ろを掻いてみたり
じっと見つめて下を出してたり
飼い主の膝をがりがりひっかいたり
ひっくり返ってごろごろしてみたり

なんなんだお前は!
ワタシを悩殺してどうするつもりだ!

飼い主が普通の男の人というのも逆に好感がもてる。

この後、ほかの乗客まで釘付けにして、
魔犬のショーは20分は続いたのでした。

その後、飼い主にトートバックに押し込まれて(!)
やつは電車を降りていきました。

なんだか客観的に見ると馬鹿らしいんだけど、
ほんとかわいいものっていいなあと思いましたよ。
posted by 広瀬格 at 02:26| Comment(0) | TrackBack(0) | あーかいぶ

2006年08月31日

演出モ〜ド!

sora06-08-31.jpg

早朝でございます。
う〜ん、眠い!眠いぜ!

何でか知らんが進行は早いはずなのに、
順調なはずなのに楽にならない。

台本を上げたのは先週ですが、さらに放置しまして、
問題点などなどを洗い出してから、
多くの修正を施した最終稿を脱稿。
今、プリンターくんにつきあって起きているのです。

さようなら。
さようなら台本書きの人。

こんにちは。
こんにちは演出つける人。

これはちょっとした幸福だすよ。
そうだすよ。

晴れ晴れとした気持ちなのだが、眠いのだ。
大丈夫かしら。


とにかく今日から演出モード。

たまった本とFF3を楽しむのはいつになるんだろうか…
posted by 広瀬格 at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | あーかいぶ

2006年08月30日

リアス式海岸ではなく…

sora06-08-29.jpg

人格破綻者。
このことばが落ち着く。なんだか知らんがいい言葉だ。
もちろんワタシのことである。
どうりで居心地がいい言葉なのである。
年に3回ほど、「どーにかならんもんかこの性格」
と悩むがどーにかなったためしはない。
今日も明日も我が道を行くのみである。

とにかくイライラする。
これはとても嫌だ。本人だって嫌なんだ。わかってほしい。
いや待て。それでは趣旨が違う。
いい訳か?いい訳がしたいのか?そうではないのだ。

この悩ましい季節が訪れると、
大人になりたいとか、
一人で生きていけるようになりたい、とか考える。
考えている時間は完全に一人なのだが、それは考えない。

癇癪持ち。
同じ意味の言葉だが、できたら落ち着きたくない言葉だ。
違う。おれじゃない。おれは犯人じゃない。と言いたくなる。
もちろん事件は起こってないし、ワタシは犯人じゃない。
ドラマチックなことなど何もなく、素直に認めることにする。
そうなのだ。自分は癇癪持ちなのだ、と。

みんなー、もっと大人になろうぜー
心の中で誰かが言っている。
なだらかな地平になりたい。
九十九里浜みたいになりたいの。
とりあえず、1週間ばかり穏やかに生きてみることにする。

過去のブログを振り返ってみると、
やはりこのような話題が登場している。
季節はめぐるものなのだなぁ。

ねよーっと。
posted by 広瀬格 at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | あーかいぶ

2006年08月24日

夜が明けて

sora06-08-24.jpg

眠い。

台本をやっと書き上げることにしまして、
今朝書き上がったところです。

残り20Pのところで台本を放置すること2週間。
やっと書き終えました。
約1ヶ月の冒険が終了しました。
コメディってのはやはりしんどい。

いつも思うのですが、書き上げた時はちょっとさみしい。
書いてるときは苦しくてしょうがないものだけど、
書けてるときは楽しいもので。

学生時代のように、
終わってみればいい思い出。

ああー。
終わった終わった。

本番まであと1ヶ月。
楽しもう。

今日はこんなもんで。
posted by 広瀬格 at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | あーかいぶ

2006年07月28日

分析結果

sora06-07-27.jpg
こんにちは台本書いている人です。
これは現在進行形で解釈してください。
今台本書き中の人ですよ、ワタシ。

カリカリ。

ええそうです。ワタシ台本は手書きの人ですことよ。
まっさらなコクヨの原稿用紙に、
モンブランの万年筆で書いております。
指のペンダコもだいぶ大きく成長しました。

カリカリ。


嘘さ。


おいらの原稿用紙はジャストシステムの一太郎さ。
東プレっちゅうとこの高級キーボードが筆記用具なのさ。
このキーボードだけは宝物。高くたって関係ありません。
おっと。ついついウンチクを語りそうになったので削除。
キーボードについてはまた今度たっぷりと。

脱線はやめて本来の書きたかったことを書いておきましょう。

今回もコメディを書いています。
そこでそのことについて書こうと思っていたのです。

自分がどういうものを書く人間なのか
その事実を書く本人はよく知りません。
恋人とつきあうように、ちょっとずつ探り合う日々です。
そうやって自己分析と、変化・成長のいたちごっこを続けているのです。

好きな物語のパターンに「ダラダラしたもの」というのがあります。
ダラダラといっても、本当にダラダラやっているわけではなくて。
人々の人物を一番に、話の展開を二の次にしている種類のお話です。
解散してしまいましたがカクスコとかのお芝居がこんな感じですよね。
極端に言えばラッパ屋とかナミギンもこっちだと思います。
スタンダードなシチュエーションコメディというのはこの逆で、
展開でばたばたとスピーディに話は進みます。笑いっぱなしです。
言うまでもなく三谷幸喜氏の黄金パターンです。
彼は違うのも書きますけど。
もちろんこっちも大好きです。

前回の公演でもそうでしたが、
展開先行で持って行くお話というのがどうも苦手のようです。
どうしてもみんなでわーいとやってしまうのですね。
意味不明な説明でごめんなさい。
人物が生き生きとしゃべっているだけで、楽しいんですよね。

この事実に実はさっき気づきました。
自分で自分を大発見しました。なんだ、そうだったのか!
感動したのでこんなことを書いているのです。

実はこの「苦手な自分」というのにかなりへこんでいました。
実はsmokers以前は展開重視のお芝居を書いてました。
コメディでもヒューマンドラマでもないですけど。
だからなおさら混乱しました。自分を見失いましたよ。
「俺は展開の魔術師じゃなかったのか!」…それは言い過ぎですけど。
微妙に不思議なストーリー展開をしたりするし。
でもま、自分は自分かなと考えることにしました。
これを個性と考えるほど短絡的ではありません。
だけど、ちょっとずつ力をつけていけば
「自分だけのもの」になるかもしれません。

大好きなニール・サイモンは
「人物がすべてだ」と言っていました。
人物設定はちゃんと作る。そしてただ書く。だそうです。
先のことは考えない。結末がどうなるかなんてわからない。
話は登場人物が勝手に転がしていくって寸法です。
ちくしょう。かっこいいじゃねえか。

とにかく今はそんな自分と一緒にお話を作っているのが楽しい。
役者さんたちは早々と生き生きしています。
ちょっと幸せになります。

とても素敵な舞台になりそうです。
まだちょっと先のことですけど、楽しみにしててください。
posted by 広瀬格 at 02:53| Comment(0) | TrackBack(0) | あーかいぶ

2006年06月28日

田舎が欲しい!

sora06-06-28.jpg

やらねばならぬことに追いまくられて、
ドキドキしっぱなしです。どもこんにちは。

ところでワタシ横浜人です。他で暮らしたことがありません。
ここはとてもいいところです。大抵のものはここにあります。
ワタシの家の裏手には山まであります。
市の指定する自然公園らしいです。
カブトムシとかスズメバチとか飛んできます。怖いです。
カブトムシはシチューが似合いそうです。食べませんけど。
でも一応横浜駅まで10分でいけます。充分に都会です。

でも、田舎が大好きです。
都会に住んでいなくてもいい仕事をみつけて、
山奥に暮らすのが野望です。
農業は大変なのでしません。
今ですか?今はそこまでする必要を感じませんのよ。おほほ。
横浜で結構。

うらやましいなと思うのは、自然ではなく、
田舎という風土だったりします。
とりわけ、方言がうらやましい。
ここで育ったワタシには手に入れることの出来ないものです。
ずるいですよね。
田舎育ちの人はこっちに来たら標準語を話せるのに。
だれか方言を教えて欲しい。

ああ、田舎が欲しい。
posted by 広瀬格 at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | あーかいぶ

2006年06月26日

敏感肌?

sora06-06-26.jpg

しまった。
あっという間に週末がおわっちまった。
何やったっけ?ん?記憶が…ん?

…そんな曖昧な休日。

最近運動したりしてるから、よく眠れる。
それは大変危険である。

そんな中、散髪に行った。
めんどくさがりのワタシはレッドカードが出るまで
髪を切りに行かない。
伸び放題。ああうっとうしい。

で、目立たない程度に染めるのだけど、
「しみますか〜?しみたら言ってくださいね〜?」
って言われますわな。これがずっと疑問だった。
言ってるそばから痛いですけど〜?
とか思ったが、別に我慢すればいいので黙っていた。
だって「痛い」って言われたってどうしようもないしね。
いつも相当に痛い。こんなに塗るの?やめてぇ。
とか思っても黙っている。しばらくの我慢さ。

ところが今日は「痛いんですか?」と言われてしまった。
実はとても痛いのです。正直に告白した。
「敏感なんですね」
そんなこたぁーねーよ。そう思った。
男なら、いや漢ならそうだろう?
敏感=貧弱。俺は違うね。となるわけだ。
しかし、話によると
しみない人はほんとに何も感じないらしい。

そこで「携帯電話を持ってると痛い」ことが頭をよぎった。
確かに痛い。電話素手で長時間持てない。

敏感…なのかもしれない。
posted by 広瀬格 at 06:26| Comment(0) | TrackBack(0) | あーかいぶ